お菓子の秘密

素材へのこだわり

決して無くならないからこそ、素材が命。
飽きられない最高の味を生み出すための厳選素材。

どら焼きやおまんじゅうは、小麦粉や砂糖などの原料を混ぜ、あいだにあんこを挟んだだけのシンプルなお菓子。
だからこそ、その素材の善し悪しが味を大きく左右します。

メイホウ食品の和菓子の原料の砂糖は北海道のビートグラニュ糖を、餡も十勝産の小豆を使用しています。そして、その材料を使って小豆を豆の状態から自社でじっくり自家炊きをし、自家製の餡を使っています。
原料にこだわり、時間をかけて作った自家製の餡はしつこくない甘みと、小豆自体の風味を損なうことなくお客様の元へと届けています。
餡を挟む生地にも勿論どら焼きや、饅頭に最も適したものを使用。このような徹底した厳選素材が、メイホウの和菓子の源です。

美味しさへのこだわり

流通菓子だから妥協はしない。
砂糖のプロが専門店に負けない味を追求します。

流通菓子というと、やはり賞味期限に耐える生菓子でなければなりません。そのため、防腐効果のある砂糖の量を調整することで日持ちさせるなどをしています。しかしそういうお菓子は、日持ちする反面ただ甘いだけで美味しくなく、生地のがパサパサとした口触りになってしまいます。
コンビニやスーパーで買う生菓子があまり美味しくない、と感じてしまうのはそういった理由があります。

専門店の店頭でなら出来立ての美味しい和菓子を手に入れることができますが、販売店ではそうは行きません。
そこで、コンビニやスーパーで買える「本当に美味しいお菓子」をお客様にお届けしたいと私たちは考えました。

それから「生どら焼きの専門店レシピに由来する」生菓子で、賞味期限に耐えうる生地と餡のそれぞれに適した砂糖の絶妙な加減を徹底的に研究を重ねに重ねて、最も専門店に近い味わいを編み出したのが弊社のどら焼きなのです。
さらに、生地や餡に氷砂糖と水飴を使用することで、すっきりとした味わい、素材の味を100%引き出し、甘すぎず上品な舌触りの「本当に美味しいどら焼き」を作る事を実現しました。

饅頭もまた、氷砂糖を製造している弊社ならではの「氷糖蜜」を加え、饅頭にどこか懐かしい「やさしい甘さ」を加える事で独特の風味を醸し出し、第14回全国菓子大博覧会で総裁賞を受賞した弊社自慢の饅頭です。
現在は氷糖蜜は使用しておりませんが、その味の質は昔から全く落ちていません。

メイホウ食品のお菓子は「美味しい」はあたりまえ、「専門店にも劣らない本当の美味しい」を目指しています。その味をお客様に届けるために日々私たちは考え続け、商品を開発・改良し進化し続けているのです。

品質へのこだわり

厳しい目で妥協を許さない品質管理体制を徹底。
飽きられない最高の味を生み出すための厳選素材。

食品工場において品質管理は最も重要な分野です。
メイホウ食品では工場内に置ける防塵対策はもちろん、製造に携わるスタッフの衛生管理を徹底し、安心安全の商品造りを行っております。
常に改善点やデータを現場にフィードバックし、全ての土台となる「整理」「整頓」「清掃」「洗浄」「殺菌」「清潔」を徹底して品質管理と衛生管理を行っております。
材料からお客様の手に届くまで、全てを通して私たちは「おいしいお菓子」のために徹底した管理を心がけております。

お菓子は楽しい時に食べる事が多いものです。
そんな時に、商品に問題があればその場で台無しになってしまいます。
「美味しさをつくる」ことは同時に「安心安全をつくる」べきだと私たちは考えています。
そのため、全ての行程で妥協を許さない厳しい目で商品づくりを行っています。